忍者ブログ
タネから育てた雪割草の花を記録します
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「白馬」二段咲♀×「雪炎」×(「宴」×「跳」)♂。
2012 2-001と兄弟。

「小雀」系日輪♀×ハト系標準花♂。
2012 2-002と兄弟。

「小雀」系日輪♀×ハト系標準花♂。
2012 2-003と兄弟。

「白馬」二段咲♀×「雪炎」×(「宴」×「跳」)♂。
2012 k-002と兄弟。
とある山野草の通販サイトで当ブログ内の画像の無断使用を発見したのであらためて明記したいと思います。

当ブログ内の画像・文章を他(一般サイト・商用サイトともに)で使用することをお断りいたします。

先日実生苗床からポット上げしたばかりの2年苗たちです。
ジベレリン処理は特にしなかったので2/3ほどは花芽のようです。


花芽が割れてつぼみが見えてきているのもあります。
どんなに過酷な国になっても季節は巡り春はやってきます。
昨年終わりに「虫に困る四季」というエントリーで画像を使った健康優良児の苗ですが…

咲いてみると、

こういう感じで、兄弟株全てがクローンのように同じ顔のお花になりました。
確かに初花とは思えないほど花も大きく花数も多かった(4・5花)だったのですが。

ちなみに

↑♂親の「紅すだれ」セルフ。

↑♀親。

両親とも生育旺盛なのでそこだけは確かにほめてあげたいのですが、多弁で赤黒くてわさわさしている感じのお花ができないか??と思っていたのにかなり期待はずれでした。

廃棄も考えはしましたが、この丈夫さはやはり棄てがたく、セルフでタネを採ってみることにして、今ちゃくちゃくとタネが太っている最中です。
次代に面白いお花が出るといいのですが。

「紅すだれ」の模様の花を他の形や色で再現している実生を雑誌などで見て、私もいろいろやってみたいのですが、我が家の「紅すだれ」セルフは早咲きで他の花との交配が難しいです。今年は寒さのせいか開花が比較的そろったのでいくつか交配してみました。またまた先の長い話です。


↑これは「紅すだれ」セルフのセルフ。

今シーズンの実生の記事はこれで最後になります。
また来シーズンまでこのブログも滞ります。

「紅陽」系二段♀×ほんま赤花粉親♂。
2011 2-006と兄弟。

「紅陽」系二段♀×ほんま赤花粉親♂。
しべ型の二段になった。
2011 2-007と兄弟。


↑「紅陽」系二段。


↑ほんま赤花粉親。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
つぶら
性別:
非公開
趣味:
散歩・読書・植物栽培
自己紹介:
当ブログ内の画像・文章を他(一般サイト・商用サイトともに)で使用することをお断りいたします。
(2012年4月7日 記)
Admin / Write
PR
忍者ブログ [PR]